検索
  • YOICHI SUGAR

RAPO Vol.2 無事終了致しました

第2回 整形AI関連論文review会が無事終了致しました。

骨折関連分野のAI論文81文献についてreviewを行うシリーズです。

前回の画像認識に引き続き、今回は言語認識・解析の分野となりました。


2回目ということもありイントロダクションは極力削り、reviewの時間を十分に設けさせて頂きました。

基礎研究、臨床研究、そして臨床応用により近い内容であったりと多岐に渡る内容となりましたが、様々なバックグラウンドの方にご参加頂き建設的な議論ができたと思います。

言語認識の分野においてはテキストマイニングに関して掘り下げ、予測・解析の分野に関しては骨折の発生予測、骨質分析、骨粗鬆症の診断、予後予測などに主にフォーカスを当ててreviewを行わせて頂きました。

特にレスポンスが良かったのが「打腱器で骨粗鬆症スクリーニングを行う」という内容で、デザインがユニークであることもさることながら、AIの利活用方法として現場との親和性が高いアイディアだと思われました。




◯参加者の内訳




◯参加動機


◯次回参加希望


◯簡易的なNPS


◯今後取り扱って欲しいテーマ

・実際の研究過程(特に技術面)

・骨関連の基礎研究

・AIを用いた医療機器、実用例(整形以外含めて)

・骨折以外の整形疾患(骨粗鬆症、OA、再生医療)

・画像認識 整形外科以外も

・AI研究を実用化するためのポイント(ビジネス化、資金調達)





次回のご案内は以下となります。


日時 :6月25日(木) 19:30〜

テーマ:整形AI研究の進め方

演者 :牧先生(千葉大学)、井元先生(帝京大学/NPO)、佐藤(NPO)

申込URL:https://webication.cloud/reception/


「AI研究を始めるにはどうしたらいいのか」

「AI研究を始めたが壁を感じている」

「他の研究者がどうやって研究を進めているか知りたい」


といった要望がいくつかアンケート結果にあり、次回はこのような内容で企画をしております。

同時期に開催される日整会(http://www.joa2020.jp/)で様々なAI研究が発表されますが、その舞台裏にフォーカスを当てて実際の研究過程をお話できたらと思います。


是非ご参加頂けましたら幸いです。


また第1回、第2回の勉強会動画をご希望の方は

npo.fractureai@gmail.com

までご一報頂けましたら幸いです。

​※タブレット端末をご使用の方で表示がズレる場合は、キャッシュ・Cookieを一旦削除して再度当サイトを御覧ください

©2020 by NPO名古屋整形外科地域医療連携支援センター AI研究部門