検索
  • YOICHI SUGAR

第3回RAPO(整形AI関連論文review会)のご案内

第1回(骨折関連の画像認識AI)、第2回(骨折関連の予測・言語認識AI)の論文reviewが好評であったため、第3回を企画させて頂きました。

いずれの回でも終了後にアンケートを実施させて頂き、題材を検討していたのですが

「どうやったら始めたらいいのか」「研究をする上で注意すべき点はなにか」などのご意見を複数人から頂いていたため、

今回は整形AI論文のreviewから一歩離れて、

「整形AI研究の始め方」

と称して、実際に整形AI研究を遂行された研究者(整形外科医)3名からの講演となります。


【日時】2020年6月25日(木) 19:30〜21:00

【場所】Zoomアプリ(無料)


【演者】

◯牧 聡先生

千葉大学大学院 医学研究院 整形外科学 助教

「人工知能による脊髄腫瘍の鑑別、脊髄損傷の予後の予測」


◯井元 佑一先生

帝京大学医学部整形外科額講座 大学院 院生

「大腿骨近位部骨折の診断AI」


◯佐藤 洋一

JCHO東京新宿メディカルセンター 整形外科

「多施設共同開発研究(大腿骨近位部骨折の診断AI)」


となります。


整形AI研究の裏側に焦点を当てて、研究の動機、データ収集、倫理委員会、資金調達など、AI研究を0から1まで組み立てる上でのTipsを議論したいと思います。 これから整形AI研究を始められる方、整形AI研究のノウハウを得たい方は必見の内容でお送りさせて頂きたいと思います。

6月11日から日本整形外科学会が開催されておりますが、学会で語られるその内容は研究の全行程のごく一部です。(3名とも、日整会にて一般講演にて講演しております)

一見、参入障壁が高いと思われる整形AI研究の実際を議論できましたら幸いです。



◯申込みページ

https://webication.cloud/reception/

こちらにて参加申込をお願いします。


※今回より、セミナーは「Smart Webication」の取り組みとして、H&F Front Point Partners株式会社様との共同開催となりました。


◯オンラインサロンの設立

過去の勉強会動画、reviewのPMID表、研究支援サポート、週1回のメルマガ(整形AI論文を週1回レビューしていきます)

などを特定のメンバーで情報交換していくため、オンラインサロンを立ち上げました。

こちらについては鋭意準備中で、改めてご案内差し上げます。

​※タブレット端末をご使用の方で表示がズレる場合は、キャッシュ・Cookieを一旦削除して再度当サイトを御覧ください

©2020 by NPO名古屋整形外科地域医療連携支援センター AI研究部門